中国・唐三彩☆

 

皆さんこんにちわ。

 もうすぐ1月も終わりますね。

そろそろ店内のお正月飾りを片付けなくてはいけません。

 

DSCF1478 (427x640)

 

一ヶ月間、お客様の話題になり楽しませてくれた小物・大物たちです。

 

これは、Lineのフロントのカウンターに置かれている馬です。

高さ26cm

DSCF1476 (640x427)

 

20年くらい前、中国が大好きな、お友達ご夫婦から頂いたものです。

いつもはスタッフルームの神棚に飾っているのですが・・・

今年は馬年なので、店内に飾ることにしました。

 

確か、唐三彩(とうさんさい)といってました。

ネットで調べてみると、

唐代より1000年以上の歴史を持つ。

中でもクリーム色・緑・白の三色の組み合わせ、或いは

緑・赤褐色・藍の三色の組み合わせを主としていることから

三彩と称されている。

唐三彩は芸術品としての水準は極めて高いものの、

日用品として用いられることは少なく、主に埋葬品として使用された。

人物、動物、器物が作られた。

 

ということです。

新年早々より、ディスプレーの一品として、

お客様の評判とっても良かったですね。

Nご夫婦さま、ありがとうございます。

これからも大切にしていきます。

 

 
ぽちっとクリックお願いします


にほんブログ村

ぽちっとクリックお願いします


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です