サクランとは

化粧品の保湿剤として欠かせないヒアルロン酸と同じ『多糖類』です。       

2006年、北陸先端科学技術大学院大学岡島麻衣子博士によって

 『スイゼンジノリ』(注意1)から全く新しい多糖類が発見され、

『サクラン』と命名されました。

岡島博士

驚異的な保水力等の特徴を生かした化粧品原料や他用途の原料

として活躍、更に研究は進められています

 

 

スイゼンジノリとは?

SONY DSC

マテリアル

限定された地域(九州地方の湧水からなる清流と地下水のみ)

で育つ日本にしか生息してない非常に珍しい生物(ラン藻)です。

特定の環境条件(水温・イオン濃度・水流)が整わなければ決して

育つことができない貴重な品種の一つです。

現在、大量養殖は朝倉市の黄金川と熊本益城町(*)で行っています。

また「スイゼンジノリは」江戸時代から続く食文化を支え、

カルシウム分・鉄分が非常に豊富であり、近年では抗酸化作用が

あることが東海大学椛田教授の研究で解明され

健康食品としても期待されています。

「サクラン」はこの素晴らしい水環境で育つ「スイゼンジノリ」

自らの細胞を守るために分泌すると考えられています。

このような「スイゼンジノリ」『奇跡の生物』であり

『日本の財産』でもあります。

(*)グリーンサイエンスマテリアル株式会社HP

 

 

  サクランの特徴★ 

特徴1

 

ヒアルロン酸の10倍の保水力!!   

110倍保水グラフ

 

 

サクラン粉体1gで

3マテリアル          

6000mlの水を吸収

ペットボトルペットボトル 

 

混ぜ込むと、どうなるかというと

イラスト9

                     こんなふうに、トロトロに

サクランがたっぷりの水を含むのです

マテリアル5

 

特徴2

高分子サクラン

2

高分子だからこその長所を発揮

サクラン5

 つまり・・・

肌表面で水のヴェールを形成して

アレルゲンや刺激から守ってくれます

 

32a949_3920902b190146caa31da313f0712095

 

特徴3

肌塩分と融合すると2倍の粘性!

 

塩分と結合することでゲル化

 ということは・・・

A:塩分を含んだサクラン

 B:塩分を含まないサクラン

塩分結合3

肌の上には常に塩分があるので

のように自然にサクランは

ゲル化します      

汗で流れることなく

長時間水のヴェールとなって潤し

守ってくれるのです

外部刺激やアレルゲン肌図サクランの保水

 ①ガード:外部刺激・アレルゲンから守る

②保水:水分を逃がさない、閉じ込める

 ③保湿:皮膚内に水分をいきわたらせる  

  お肌の活性化:ターンオーバー活発

スキンケア4

 

内と外から潤いが生まれ、 

スキンケア5                                                               

 透明感・ハリ・ツヤへと繋がるのです

最後まで見て頂き大変ありがとうございました

ご興味のある方は

商品情報253050