肌荒れ

Line Cosmetic

正しい美肌ケア…化粧水編

正しい美肌ケアの化粧水編です。化粧水の使い方(手順)で劇的に美肌へ導くことができます。お風呂あがり、どのタイミングで化粧水をつけたらよいのか理論的に説明しました。ついついやらなくてはいけないことがあると、自分のことは後回しになってしまいがちですが、洗顔後すぐに使うのが基本です。これからの季節は特にクーラーの部屋で汗を落ち着かせてからだと、肌は乾いてしまっています。お風呂上がりの水分量が多い時につけた方が 美容成分がなじみやすいのです。(誘い水の役割)洗顔後5分以内を目安に、なるべく早くつけて乾燥させないようにしましょう。正しい化粧水の使い方で、潤いのある素美肌を目指してほしいと思います。基本的な手順もあげています。細かいようですが、継続すること、ちょっとした工夫で肌は劇的に変わってきます。
Line Cosmetic

美肌液成分を贅沢に配合

肌を美しく魅せながら素肌ケア、Line Cosmetic プレミアム ファンデーションの紹介です。原料には拘りの成分をたっぷり使用しているので、肌に優しく、トラブルを防ぐ。それでいて内側から輝くような美肌を叶えるミネラルファンデーションです。仕上がりがさらっとしているので爽快感を感じます。ゴルフの時もリキッドファンデーション&プレミアムファンデーションでお顔の紫外線対策はばっちりです。
Line Cosmetic

お肌に負担をかけずに潤いとつやを

素肌のような自然な仕上がりで、みずみずしい付け心地に仕上げています。お肌への負担は軽く、うるおいとなめらかなツヤ肌を演出してくれるリキッドファンデーションの紹介です。このリキッドファンデーションの使用感は、若返り様成分プエラリアミリフィカがたるみをカバーして、ハリ・ツヤ・潤いあるなめらかなツヤ肌を実現してくれます。また、通気性が良いのでつけていても軽く感じ、何もつけていないかのような気分にもなりますよ。お休みの日、部屋で過ごすときも紫外線対策として、これだけでもつけて頂きたいです。
Line Cosmetic

潤いチャージでハリ肌持続

今回はピュアフレッシュシリーズの一品、ミルクのご紹介です。ローションとミルクの構成で手軽にご使用できる展開です。容量も少なめなので持ち運びにも便利です。お買い求めやすい金額、それでいてローションでお肌を確実に整え、透明感あるみずみずしいお肌に。ミルクで水分量・バリア機能を強くし、透明感あるしっとりとしたお肌に導いてくれます。是非とも一度セットでご使用いただきたいと思います。
Line Cosmetic

植物の力を借りてしっとりうるうる肌へ

お肌を整えしっとり肌へと導く Pure Fresh Lotion 今回は昨年発売されたピュアフレッシュローションのご紹介です。お値段がお手頃でお肌に優しいとあって若い世代に人気があります。製品製造段階では内容成分を指定し、使うことが楽しくなるようなデザインを求めてデザイナーさんにお願いしました。今回は思わず手に取ってみたくなるメルヘンの世界観をイメージ!!ローションとミルクの構成で手軽にご使用できる展開です。容量も少なめなので持ち運びにも便利です。お買い求めやすい金額、でも内容成分には拘り、お肌を確実に整えてくれ、透明感あるみずみずしいお肌に導いてくれます。
Line Cosmetic

肌荒れの原因、大気汚染物質

大気汚染はわたしたち女性にとっては、肌荒れなどの美容問題にも悪影響を与えていることが解っています。文字の通り空気が汚れるということですが、PM2.5・黄砂・花粉・工場や車の排気ガスなどなど、近年は1年通して大気汚染が深刻な問題となっています。大気汚染物質は、主に3つの理由で肌荒れを引き起こします。その肌荒れの原因と対策を細かく分析しました。生活習慣に気をつけながら、使用するものでご自分のお肌を守っていただきたいと思います。
Line Cosmetic

まつエク対応、潤いクレンジング

Line Cosmetic

汗の放置で肌荒れ

暖かくなって気になるのが紫外線と汗です。暑い季節、汗をかいてしまうのは仕方のないことですが、実は、汗を放置してしまうと肌荒れの原因になってしまいます。汗の放置が肌荒れに与える影響汗3つと、正しい対策方法4つ、さらにはLine Cosmeticのおすすめアイテムのご紹介です。ローションでお肌を整えて透明感あるみずみずしいお肌へ、ミルクで水分量・バリア機能をUPし、しっとりしたお肌に導いてくれます。植物エキスをたっぷり配合したお肌に優しくお財布にも優しいPure Freshシリーズは小ぶりの容器なので持ち運びに便利、今年の春から秋はバックに忍ばせて頂きたいアイテムです。
Line Cosmetic

肌荒れの原因・・・摩擦

摩擦は、肌荒れの原因の一つといわれます。肌がこすれたり、強く刺激を受けることで、肌のバリア機能が低下し、外部刺激に敏感な状態になってしまいます。主な摩擦による肌荒れの原因と、対策方法と対策ををご紹介します。今回の内容から、摩擦をできるだけ減らすように意識して生活するだけでもお肌は変化してきますので、是非とも実践してほしいと思います。
Line Cosmetic

刺激を感じる時、どんなケアをすべき?

冬から春にかけては、お肌のトラブルが多い季節で、花粉・寒暖差・さらに乾燥からバリア機能の低下が原因で肌荒れを起こします。摩擦・化学物質・アレルギー物質などの刺激が肌内部に炎症を起こし、赤みや痒みヒリつきが出ます。花粉症にはお薬の力が必要だと思いますが、特に春の肌はスキンケアで対応することがおすすめです。ひどくなると、化粧水もしみることがありますが、そんな時は皮脂膜を作ってあげること、思い切って化粧水はお休みしてオイルと保湿クリームだけで保湿してください。
タイトルとURLをコピーしました